積立サービスの仕組みについて

積立なのですが、これは継続期間が長いほどお得になるシステムだといわれています。実際、投資信託や、個人年金、生命保険の積立プランを見てみますと、契約期間が長いほどお得なるという場合がほとんどです。この継続期間が長ければお得になるという仕組みの秘密なのですが、それは利子のお陰です。

積立というのは実は投資となっています。どんな形のプランであれ、お金を長期的に運用しますと利子を支払う必要があります。その収入で各社は資産運用をし、収益を出して契約者にサービスを提供できるというわけです。ですので積立の利子収入は、長期運用するほど高まり、より質の良いサービスを提供できるという仕組みです。

ただし注意してもらいたいのは、積立の仕組みが投資である以上、積立の掛け金の滞納はご法度だということです。積立の掛け金が無いという事は、業者も資産運用がストップして損失が生まれてしまいます。それを補う為に、積立満期に支払われる金額から損益の金額が差し引かれてしまいます。これが積立金の元本割れの仕組みです。せっかくの積立ですので、できれば満期のお金が全額もらえるように頑張りたいですね。その為には毎月の支払いが途切れないように注意しましょう。

自分だけの保険だからこそのメリット

確定拠出年金というものをご存知でしょうか?日本国内でも既に導入されているのですが、利用者はまだまだそれほど多くはありません。そこでここでは、そもそもこの確定拠出年金というのがどういった制度であるのか、利用することによってどんなメリットが考えられるのか、ということについて簡単に紹介していきたいと思います。

確定拠出年金というのは、自分に支払われる年金が自分の支払う保険料に拠出しているというものです。ややこしい言い方になりますが、言い替えてしまえば自分のお金だけで自分の年金を形成するものだと考えて頂ければ良いでしょう。
公的年金は相互扶助としての役割が大きいために、こういった制度設計になってはいません。私的年金についてもこのような制度設計をしている場合と、そうでない場合があります。

このことによるメリットとして、今後考えられる人口動向によるデメリットを解消することが出来る、ということを挙げられます。日本は先進国内でもトップクラスのスピードで少子高齢化を続けており、相互扶助タイプの年金保険では今後の受給額や支払額に大きな不安が残ります。個人で行なわれる年金保険だからこそ、そういった不安から解放されているのです。

公的年金を補う個人年金保険

老後はたくさんの生活資金を必要とするようになります。老後に必要となる生活費は、日本の平均寿命を超えるようになると、1億円にもなるといわれていることから、今後は、しっかりと資金づくりを行なわなくてはならないといわれています。

しかし、日本は、これから少子高齢化が進むようになるため、将来、受け取ることができる公的年金が少なくなります。そのため、十分な生活資金を作ることはできなくなっているといわれています。今後は、少なくなってしまう公的年金を補ってくれる年金づくりを行なう必要があるといってよいでしょう。

公的年金に対して私的年金があります。主な私的年金には、企業が行なう確定拠出年金や生命保険会社と契約する個人年金保険があります。個人年金保険は、毎月のように保険料を支払い、年金を積立てる方法です。

生命保険会社は、この積立金で資金運用を行なうことによって、将来、受け取ることができる年金をつくります。この保険では年金計画が立てやすく、老後の生活にゆとりを作ることができるようになるといわれています。そのことから、個人年金保険は、公的年金を補う私的年金として、今後、活用されることが期待されるようになっています。

幅広く情報収集したい方には以下のHPがお勧めです。
国内最大級の金融・ファイナンス情報サイト
多くの人が参考にしているwebページです。

老後の生活を助けてくれる個人年金

日本は、老後において多くの資金を必要とすることから、今から自分で資金づくりを行なうほうがよいといわれています。これは、将来、公的年金が減らされるようになり、支給年齢も上がってしまうことを理由としています。

いま公的年金は、このような状況によって影響を受けることになっているのですが、さらに、景気があまり良くない日本では、銀行の金利が低く、資産づくりとして最適な金融商品も少なくなっています。

そのことから、日本では、今後、公的年金だけでは老後の生活が十分なものとはならないとされているため、老後の生活にゆとりがもてるような方法が求められるようになっているといってよいでしょう。

いま生活資金を準備する方法として、個人年金に期待が高まるようになっています。個人年金は公的年金とは違い、私的年金と呼ばれているもので、生命保険会社などと契約を行なって年金を作る方法として注目されるようになっています。

たとえば、生命保険会社で扱っているものには、個人年金保険があり、この保険では貯蓄性の高い保険として保険機能と年金機能があることが特徴です。これは、保険会社によってさまざまなタイプがあるのですが、老後の年金に安心を得ることができるものとして、今後活用されるようになるといわれています。

インデックス投資を行うメリット

インデックス投資はTOPIXや日経平均株価などの日々の株価指数の値動きに合わせて運用する投資です。

インデックス投資は市場の平均値を目標としているので、安定した成績が維持される運用を行います。
具体的には市場全体の銘柄を買う、というよりも、市場の平均的な株価を維持する銘柄をピックアップしてそれを1つのファンドに組み込んでいくものとなります。

このような運用を行うため、個別株に比べて個別の銘柄の影響に受けにくいものとなっています。また、特にその企業について調査をしたりする訳ではなく、あくまでその時の株価や値動きの仕方をベースとして機械的な投資を行うため、運用するファンドマネージャーの手間がとても少ないことからコストがかかりません。

一方、よく金融期間ではアクティブファンドを勧められることもあると思います。アクティブファンドは市場の平均値以上の数値を目指す運用を行いますので、一見メリットが大きいように見えますが、そのような運用をするには大変手間がいります。

空売りを繰り返したり、掘り出し物の銘柄を探したりする手間があります。またレバレッジを効かせながら投資をしたりするので、コストも掛かることから値動きこそ市場価格を上回っても、時としてコストが負担に感じることもあります。

リスクを高めてリターンを得る方法

株式投資に興味がある、という人はかなり多いのではないでしょうか?多くの人が株式投資によって一獲千金したい、と考えているかと思います。しかし、このような動機から株式投資を始めることはあまりお勧め出来るものではありません。というもの、それこそギャンブルと変わらないものであるためです。

株式投資には短期投資と長期投資という二つの手法がありますが、一獲千金を試みることができるのは短期投資となります。短期投資はレート変動の激しい株式を対象として行い、安い時に購入して高い時に売却することでその差額を利益とします。しかし、普通に投資をしているのでは一気に一獲千金できるような資金を得ることは出来ません。1日2日で変動するレートというのはたかがしれているためです。

では、これを一獲千金の手法に変えるにはどうすればいいのか?レート変動が大したことがないならば、投資額の方を拡大することによってそのような投資を実現しています。1%しか効果がない投資に100円しか投資をしないのでは効果は1円ですが、100万円投資すれば効果は1万円です。そのため、多くの一獲千金の投資家というのは借金によって資本を確保し、それを利用して投資を行っているのです。

一括投資と比べた時の効果の違い

投資の方法にはいくつかありますが、ここでは投資手法から見た分類について紹介していきます。ここで見ていくのは積立投資と呼ばれる投資の手法です。積立投資というのは、決まった間隔で投資を続けていくというもので、短期投資ではなく長期投資の一種ということになります。この積立投資はどういった点において一括投資より優れているのでしょうか?

まず一括投資に比べて、その場その場の相場によって左右されにくいということが挙げられます。一括投資の場合、もし投資した瞬間が相場が高いタイミングだった場合にペイするのが難しくなります。勿論、最安値のタイミングであることが確信出来るタイミングでの購入であれば一括購入の方が投資効果が高くなりますが、そんなことは事前には分かりません。

また、積立投資とすることによってドルコスト平均法を利用することが出来る、というのも一つのメリットだと言えます。ドルコスト平均法というのは、等間隔等金額での投資を継続するという投資の方法です。こうすることによって常に購入する金額価値が同一になるために相場の変動に影響を受けにくく、投資効果を安定的に高める事ができます。ファンドなどでも用いられる一般的な投資の方法です。

積立投資と一括投資を定量的に比較したい方はこちら!
積立投資・長期投資の専門サイト「積立メディア」
非常にわかりやすくシミュレーションしているのでおすすめです。

海外不動産投資はキャピタルゲインが狙える

株式や為替などへの投資は相場が読みづらいものです。オルタナティブ資産として不動産投資に関心を寄せる方も多くいらっしゃいますが、円高を活かす手段として海外不動産投資も大変魅力的です。

海外不動産というと、投資金額も高額になりますし、リスクも大きい、一般人には手が出ないなどという特別な印象を抱かれることと思います。しかし、投資する国をしっかり吟味して選ぶことで日本の不動産よりもはるかに小さな金額で、かつ確実性が高いということであれば検討の余地はあるはずです。

海外投資の魅力のひとつにキャピタルゲインが狙えるということが挙げられます。不動産の魅力はその不動産が値上がりすることがある、というのが大きな要素です。インフレヘッジにも向いており、穏やかな上昇率であっても、物価上昇率に負けないことも期待できます。

日本は不動産価格が上がりきってしまったこともあって、大幅な利益は得難いですが、海外の発展途上国の場合はこれから地価が上がることも期待できます。そうなると将来的にキャピタルゲインのポテンシャルも十分に秘めています。

海外不動産投資を行う上でかつての高度成長期のころの日本のような成長が見込める国をターゲットにすることを意識しましょう。

投資を始めるなら海外も視野にいれて

これから投資を始めようと思っている人が増えているのではないでしょうか。2014年1月から開始しされたNISAは多くの一般の方に投資への興味を持たせるのに十分な効果を発揮しているかと思います。しかしながら、そういった人達のなかで、果たしてどれ位の人が海外投資というものを考えているでしょうか?恐らく多くの人は国内に対する投資というものを中心に考えているかと思います。

日本人はそもそも内向きな国民性というものがあるのか、なかなか投資を行うにしても海外投資を行おうという発想自体がない場合があります。あるいは、言語の壁があることがその原因となっているかもしれません。

しかしながら、投資を行うのであれば、国内よりも海外の方が高い効果を期待できる、というのは事実です。国内の投資というのは安定性は高いものの、利回りという観点からすると優れているとはいえません。日本は既にかなり成熟した社会を形成しているため、伸びしろが少ないというのがその理由です。

海外にはまだまだ伸びしろの沢山ある国というのが数えきれない程あります。勿論それぞれにリスクはあるものの、せっかく投資するならばこういった効果がより高い海外への投資をかんがえてみるのも良いでしょう。

© 2015 ファイナンスラボラトリー - Plus WordPress theme by Dynamic Guru